FANDOM


パルスライフル (Pulse Rifle) は、映画『エイリアン2』『エイリアン3』に登場する架空の武器である。「パルスガン」と呼ばれることもある。

概要 編集

エイリアン2
USCMC(合衆国植民地海兵隊)の正式採用小銃、M-41Aの通称である。
劇中では主に海兵隊が使用するが、主人公であるエレン・リプリーも終盤に使用することになる。なお、リプリーが最初に実戦使用した際にまごついていたのは、手動で初弾を薬室に送るコッキング操作を忘れていたためである(ノベライズ版より)。
6D6AP弾(10x24mmケースレス弾)を使用し、専用マガジンの装弾数は100発。右側面には、2桁の赤いデジタル表示で残弾数を示すカウンターがついている。カウントは00から99まで。銃身下部には、装弾数4発の30mmのポンプアクション式U1グレネードランチャーを装備する。装填は1発ずつ行い、マガジン前部にあるトリガーで発射できる。
パルスライフルという名前の通り火薬式ではなくレーザーパルスシステムであるが、機関に関しては語られておらず詳細は不明である。(サーマルガンではないかとの意見やサイトも多い。これであれば発射炎が出るのも説明がつく。)
設定では6D6AP弾は金属薬莢を使用しないケースレスであるが、劇中では排莢されている。また、登場人物のバスクエスが発砲するシーンで薬莢が映像に映り込んでしまっているなど、撮影上の問題もある。
本作でのプロップはトンプソンをベースにしており、銃前方下部に搭載されているグレネードランチャーはレミントンM870の機関部にスパス12のグリップとカバーを組み合わせたものである(劇中前半でバスクエスとドレイクが使用していたスマートガンは、グロスフスMG42をそれぞれモデルにしたカスタムプロップガン)。
エイリアン3
ラスト登場したウェイランド湯谷社の傭兵が所持しており、リプリーらに発砲する。

関連項目 編集

  • DEAD SPACE - エレクトロニック・アーツのSFサードパーソン・シューティングゲーム。同じく「パルスライフル」という名の武器が登場する。
Xeno この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください。画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。