FANDOM


プレデター: ビッグ・ゲーム(Predator: Big Game)とは、ダークホースコミック社から出ているコミック及びノベル小説のプレデターのシリーズのストーリーで、映画プレデターに登場するエイリアンプレデターの話で、アメリカ・インディアンナバホ族の伝説の怪物ナイェネズガニ(Nayenezgani)にしたがってプレデターとの関連性を描いた作品ともなっている。

コミックでは全4冊パート4(1991年)までの話とトレード・ペーパーバック版の1冊(1992年)とノベル小説の小説版が出ている。

コミックは原作にジョン・アーチュデイ(John Arcudi)作画がエヴァン・ドーキン(Evan Dorkin)でノベル小説版での作家はサンディ・スコフィールド(Sandy Schofield)とジョン・アーチュデイだった。

あらすじ 編集

アメリカ南西部、ニューメキシコ州の空軍基地周辺の奥深くの荒野に、謎の飛行物体が着陸した。これを知った司令官は基地周辺のパトロールを、ナバホ・インディアンである陸軍兵士エノク・ナカイ伍長と彼の相棒に命じる。この任務で調査の最中、謎の生命体と遭遇し、相棒を殺されてしまう。その生命体の正体は、人間狩りに来たエイリアン、プレデターだった…… 仲間を殺され、希望は1つしかない。エノク伍長はプレデターのとった行動や仕草から、それがナバホ・インディアンの伝説に出てくる、英雄的な異端の神々の殺害者とも呼ばれる、戦いの神ナイェネズガニ(Nayenezgani)であると考える。そしてエノク伍長は育ての親だった祖父と再会する。祖父であるヤタディは、ナバホ族のメディスンマンであり、1920年代にナイェネズガニ(プレデター)と戦ったことがある。エノク伍長はナバホ族としての自分のルーツを再確認する。そして祖父から教えてもらった知恵を生かし、岩山が広がるエルマルペイスの荒野で、プレデターとの1対1の最終決戦に挑む……

登場人物 編集

  • エノク・ナカイ伍長(Enoch Nakai)

ナバホ・インディアンの混血児の兵士。弟が死産し、幼児の時に母親も労働中に死亡、さらに父親に捨てられた彼は祖父であるナバホ族のメディスンマンのヤタディに養子として育てられた。軍人として駐留軍先の基地で司令官に呼び出され、相棒とディートルと共にプレデターの宇宙船が降り立った場所付近を捜索するが、プレデターに相棒が殺され、彼は逃げて仲間に助けを求めるが、後にプレデターと闘える唯一の人物となり、プレデターとの一対一の最終決戦では死闘を繰り広げた末、プレデターを殺してその首を刎ねた。

執筆の途中です この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください。画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki