FANDOM


プレデター: 1718(Predator: 1718)とはダークホースコミック社からダークホースの10年を記念として出たダークホース10年のコミックの#1に掲載された作品である。映画『プレデター』に登場した宇宙生物のプレデターの話である。コミック(1996年7月1日)と短編小説(1997年4月1日)がある。 1718の作家はヘンリー・ギルロイで作画はイゴール・コーディーである。2007年に出たプレデター総集編(2巻)にも収録されている。

この話は『プレデター2』でプレデターの戦士を倒した、マイク・ハリガン警部補に勇者として敬意を表し、エルダー・プレデターが1715年のフリントロック式銃を渡したことに始まる。1715年のフリントロック式銃には"ラファエル・アドリー 1715"(Raphael Adolini 1715)と刻まれていたが、ラファエル・アドリーニはモロッコ系イタリア人の海賊だった。フリントロック式の銃は1715年4月に彼が別の海賊船を襲い、略奪した品の中にあった火打銃(伝説の海賊アイヴァー・ラグナーソンの銃だとされる)で、彼のお気に入りの銃だったとされる。

あらすじ編集

1718年、海賊の一団がギニア沖のとある島に上陸した。しかし、乗組員たちは教会から奪った財宝の所有権を巡って内輪もめを始め、船長に反乱を起こす。船長が不意打ちされそうになったその時、茂みから様子を見ていたプレデターが戦闘に乱入。驚く海賊たちだったが、プレデターは船長に加勢し、背負った伸縮式の剣を振るって戦った。 反乱乗組員達を倒した後、船長とプレデターは互いに剣を交え、一対一の決闘に突入する。しかし対決の最中、茂みに隠れていた1人の生き残りの乗組員が、地面にあったフリントロック式の銃を手に取り、背後から船長を撃つ。決闘に水を差されたプレデターは激怒し、その乗組員をショルダー・キャノンで射殺。全てが死に絶えた後、プレデターは船長が首に下げていた金の十字架と共に、自らの伸縮式の剣を船長の遺体に捧げた。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki