FANDOM


プレデター
Predator
Predator Movie.jpg
監督 ジョン・マクティアナン
脚本 ジェームズ・E・トーマス
ジョン・C・トーマス
製作 ローレンス・ゴードン
ジョエル・シルヴァー
ジョン・デイヴィス
出演者 アーノルド・シュワルツェネッガー
音楽 アラン・シルヴェストリ
編集 ジョン・ヴァロン
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1987年6月12日
日本の旗 日本 1987年6月27日
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $15,000,000[1]
興行収入 $59,735,548[1] アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
$98,267,558[1] (全世界)
次作 プレデター2
allcinema
キネマ旬報
AllRovi
IMDb
  
Predator (1987) - main cast.jpg
Predator (1987) - The Predator.jpg

プレデター』(PREDATOR)は1987年にアメリカ合衆国で製作されたアクションSF映画のタイトルであり、かつ、この映画シリーズに登場した架空の異星人種族を指す呼称。上映時間107分。

1991年には続編『プレデター2』(PREDATOR 2)、2004年には『エイリアンVSプレデター』も公開された。また2010年にはリメイク作として『プレデターズ』(PREDATORS)が公開される予定である。

解説 編集

南米のとあるジャングルが舞台。要人をゲリラの手から救出するためジャングルに乗り込んだ特殊部隊員が、正体不明の敵と死闘を繰り広げる。

ジャングルに隠れつつ強力な兵器を駆使する敵と、圧倒されつつも勝機を見出そうとする主人公達の駆け引きは見所の一つ。

監督はのちに『ダイ・ハード』シリーズ等を手がけることになるジョン・マクティアナン

主演は『ターミネーター』や『コマンドー』でも主演を務めたアーノルド・シュワルツェネッガー。 主人公のダッチ・シェイファー少佐には弟がおり、コミック及び小説で刊行された『プレデター: コンクリート・ジャングル』において主人公として登場している。ニューヨーク市警察の刑事という設定である(続編の『プレデター: 冷戦』及び『プレデター: ダークリバー』にも登場する)。

プレデターという名称 編集

英単語「predator」は動物学用語で、和訳は「天敵」「捕食者」の意。

あらすじ 編集

アメリカ軍の特殊救出部隊の隊長であるダッチ・シェイファー少佐はCIAの友人ディロンから、南米のとあるジャングルでゲリラに捕らえられたアメリカ合衆国の要人救出と調査を依頼される。

現地に降り立ったシェイファーとその部下たち、およびディロンの一行は、救出作戦の途上で人間の仕業とは思えないほど酷く損傷した死体を発見する。それが米国特殊部隊員たちのものと気付いたシェイファーは、彼らがなぜここにおり、変死しているのかと訝る。

目的地であるゲリラの基地に到着、急襲をかけ壊滅に追いやる一行。しかし救出対象である要人は既に死亡しており、彼らの正体がディロンの部下にあたるCIAのメンバーだという事、そして惨殺されていた特殊部隊は先に派遣されていた別働隊だった事が判明する。ディロンに利用されたこと知り憤慨するシェイファー。現地から撤収すべく、捕虜にした女性ゲリラのアンナを連れてジャングルを進む一行だが、そこで特殊部隊を惨殺した張本人である宇宙生物プレデターの襲撃を受ける。

姿が見えず、強大な戦闘力を持つプレデターに翻弄され、次々と殺害されるメンバーたち。残されたシェイファーはアンナを逃がし、一人で立ち向かう。敵が人間の体温に反応していることに気付いたシェイファーは、それを利用してこちらも向こうの「眼」から姿を消し、逆襲に転じる。激しい死闘の後、ついに倒されたプレデターは自爆を選択、自らと共に周辺のジャングルを焼き尽くす。シェイファーは間一髪で逃げ延び、生還を果たした。

スタッフ 編集

キャスト 編集

アラン・ダッチ・シェイファー少佐
演 - アーノルド・シュワルツェネッガー
ジョージ・ディロン
演 - カール・ウェザース
アンナ・ゴンザルベス
演 - エルピディア・カリロ
ブレイン・クーパー
演 - ジェシー・ベンチュラ
マック・エリオット
演 - ビル・デューク
ビリー・ソール
演 - ソニー・ランダム
ホルヘ・"ポンチョ"・ラミレス
演 - リチャード・チャベス
リック・ホーキンス
演 - シェーン・ブラック
ジム・ホッパー
ホーマー・フィリップス将軍
演 - R・G・アームストロング
プレデタープレデター・ウォーリアー
演 - ケビン・ピーター・ホールピーター・カレン(声)
ヘリコプターパイロット
演 - ケビン・ピーター・ホール

日本語吹き替え 編集

ゴールデン洋画劇場[2] DVD・日曜洋画劇場[3]
ダッチ 屋良有作 玄田哲章
ディロン 内海賢二 菅生隆之
アンナ 勝生真沙子 塩田朋子
マック 麦人
ビリー 飯塚昭三 大友龍三郎
ポンチョ 山口健 大塚芳忠
ホーキンス 江原正士 神谷和夫
ブレイン 銀河万丈 青野武
将軍 渡部猛 加藤精三
プレデター 笹岡繁蔵 大友龍三郎
パイロット 田中正彦

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 テンプレート:Cite web
  2. 初放送年日:1989年4月22日 フジテレビ「ゴールデン洋画劇場」
    翻訳:宇津木道子、演出:左近允洋、調整:飯塚秀保、製作:グロービジョン
  3. 初放送年日:1993年8月22日 テレビ朝日「日曜洋画劇場」
    翻訳:平田勝茂、演出:蕨南勝之、効果:関根正治、調整:栗林秀年、製作:ムービーテレビジョン(現:ブロードメディア・スタジオ)

関連項目 編集

  • 『電撃戦隊チェンジマン』(1985年)
    • 東映製作の特撮テレビドラマシリーズ。後年、映画製作スタッフがプレデターの決定デザインを同作の敵役・ブーバから流用した事を明かしている。


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はプレデター (映画)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki