FANDOM


AVP2 エイリアンズVS.プレデター
Aliens vs. Predator: Requiem
2010041818230596c.jpg
監督 コリン・ストラウス
グレッグ・ストラウス
脚本 脚本
シェーン・サレルノ
エイリアン原案
ダン・オバノン
ロナルド・シャセット
プレデター原案
ジム・トーマス
ジョン・トーマス
製作 ジョン・デイヴィス
ウィック・ゴッドフレイ
製作総指揮 ウォルター・ヒル
ポール・ディーソン
デヴィッド・ガイラー
出演者 レイコ・エイルスワース
ジョン・オーティス
スティーヴン・パスクール
ジョニー・ルイス
デヴィッド・パートコー
音楽 ブライアン・タイラー
撮影 ダニエル・C・パール
編集 ダン・ジマーマン
配給 20世紀フォックス
公開 Flag of the United States アメリカ合衆国2007年12月25日
Flag of Japan 日本2007年12月28日
上映時間 94分
102分(完全版)
製作国 Flag of the United States アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $ 40,000,000
前作 エイリアンVSプレデター
allcinema
キネマ旬報
AllRovi
IMDb
  

AVP2 エイリアンズVS.プレデター(Aliens vs. Predator: Requiem)は、2007年12月に公開されたアメリカ映画である。PG-12指定。
人気SF作品エイリアンプレデターをクロスオーバーさせたエイリアンVSプレデターの続編。アクション映画要素の強かった前作から一転、作風・シチュエーション共にホラー映画に近いものとなっていると同時に、州兵部隊が全滅するシーンはエイリアン2のオマージュとなっている。そのためアメリカではR指定を受けた(ちなみに前作「エイリアンVSプレデター」はアメリカではPG-13指定を受けている)。話的には前作からの直後の話になる。

ストーリー 編集

前作での南極における戦いでスカー・プレデターの体内に寄生していたチェスト・バスターが、プレデターの宇宙船内で胎動し、プレデターの性質を受け継いだ新種のエイリアン「プレデリアン」として成長し、船内のプレデター達を殺戮しはじめる。プレデリアンを狙ったプレデターの攻撃で船体にダメージを受けてコントロールを失った宇宙船は、アメリカ・コロラド州ロッキー山脈麓の森に墜落する。

墜落した船内に保存されていたフェイスハガーが獲物を求めて外に飛び出して行くが、負傷しながらも自爆してこれを葬ろうとしたプレデターはプレデリアンに息の根を止められてしまう。 狩猟中に森に墜落した宇宙船を目撃した親子がフェイスハガーに寄生され、地球上での成体エイリアンの増殖が始まった。

一方で、宇宙船からの緊急信号を受信したプレデターの本星から、エイリアンの駆除・及び自分達の具体的な存在痕跡の抹消を生業とするプレデターであるザ・クリーナーが地球へと送り込まれる。

クリーナーは宇宙船とプレデターの遺体を消滅させ、エイリアンの追跡を開始するが、プレデリアンをはじめとしたエイリアン軍団は下水道の入り口に住む浮浪者達を襲って町へ接近する。

ザ・クリーナーは下水道内でエイリアン軍団をようやく捉えるが、プレデターの戦闘能力と知能を継承したプレデリアンを相手に苦戦し、両者の交戦は街中へ発展してしまう。

街中に侵入したエイリアン達は学校のプールや、一般民家など様々な場所で人間を惨殺しはじめ、パニックに陥った住民達は町からの脱出を目指し、武器を求めて銃砲店に集まった。 その頃、保安官事務所からの救援要請を受けた州軍部隊が街に到着するが、すでに相当数に増殖したエイリアン軍団の襲撃を受けて全滅してしまう。

州軍の装甲車に残されていた軍用無線機で司令部と交信した保安官達は街の中心部で救出ヘリを待てと誘導されるが、不安を感じた若者達とイラク帰還兵の女性は病院にあるヘリで脱出を試みる事を決め、保安官達と袂を分かつ。 保安官が誘導された街の中心部は、避難民とエイリアンの戦場と化していて、保安官達は救出ヘリの到着を信じて必死の抗戦を続けた。

一方、プレデリアンもまた病院に乗り込み、入院中の妊婦達に幼生を寄生させ、エイリアンの繁殖を図っていた。 そんな中に、装甲車で乗り付けてしまった若者達は、ヘリのある屋上を目指してエイリアンの巣窟となった病院に突入してしまう。 プレデリアンを追跡していたザ・クリーナーも病院へ突入し、人類とエイリアン、プレデターの3つ巴の戦いが開始された。

やがて、街の中心部で戦っていた保安官の目に、上空を横切る機影が映るが、それはヘリとはまるで異なるものだった...

概要 編集

  • 監督はポール・W・S・アンダーソンから、『タイタニック』、『デイ・アフター・トゥモロー』、『300(スリーハンドレッド)』など多くの作品でVFX(視覚効果)や、CGアニメーションを担当してきたコリン&グレッグ・ストラウス兄弟にバトンタッチ。本作ではVFXスーパーバイザー(視覚効果監修)も兼任している。
  • 本作もまた前作と同様にファンサービスともいえる演出が多数ある。
  • 本作の主要人物の一人に『エイリアン』に登場するノストロモ号船長と同名の人物(ダラス)がいる。しかしあくまでもファーストネームが同じというだけで特に繋がりはないものと思われる。
  • ケリーとモリーがたどり着く墓地にホーキンス家の墓がある。『プレデター』に登場するシェイファー部隊最初の犠牲者の名前もホーキンスである。
  • 本作に登場するプレデターは「ザ・クリーナー」と呼ばれる自らの種族の痕跡を他の惑星から完全に消し去る掃除屋(クリーナー)であり、本作品では前作のような人間とプレデターの共闘は描かれない。</br>ザ・クリーナーの獲物はほぼエイリアンに限定され、エイリアン抹殺のエキスパートとされる。また通常のプレデターとは違い、一切の証拠の隠滅を目的とするために「戦意を持たぬ者」「女子供」「武器を持たぬ者」は殺さないという“狩猟時”のルールは適用されない。
  • ザ・クリーナーは一般のプレデターが持つ武器とはかなり異なる武器を用いており、証拠隠滅用に強力な腐食性を持つ薬品で、エイリアンやその犠牲者の身体を消滅させている。
  • ザ・クリーナーが本星でオペレーションに当たっているシーンには、『エイリアン』でノストロモ号乗組員が発見した謎の宇宙船内に残されていた異星人のオペレーションシートと同形のものが登場する。
  • 地球に着いてからのザ・クリーナーの行動には妙な展開もある。
  • 本作ではウォリアー・エイリアンが多数登場し、鳴き声も『エイリアン2』で使用されたもの(スタッフの間では「クジャク・ゾウ音」と呼ばれる)と同じである。
  • 本作ではエイリアンの特性について演出が多い。</br>なかでも犠牲とされているのが、エイリアンの体液が持つ強酸性と、その酸に耐える体の組織についての描写である。</br>本作ではエイリアンと戦う人間の武器が狩猟用ショットガンとM4カービンが主であるにもかかわらず、返り血を浴びた際のダメージが全く描かれておらず、その演出を成立させるためか、雨の中での戦闘が設定されている。
  • 本作で登場するプレデリアンはクイーン・エイリアンと鳴き声がそっくりであり、卵生のフェイスハガー期を経ずに、寄生させる相手を捕捉してチェスト・バスターを口から直接押し込む生殖機能を有しており、卵生のフェイスハガーが寄生体ひとつに1匹が寄生するのに対し、口から直接押し込む場合には複数のチェスト・バスターを寄生させる事ができる。</br>小説版によると、クイーン不在となったエイリアン群生コロニーでは何らかの基準で選ばれたウォリアー・エイリアンの1体がクイーンに変態し、単体で生殖行動ができるようになるため、本作品のプレデリアンもクイーン化したものながら、寄生したプレデターの影響(だと思われる)で従来のクイーンとは姿も生殖行動も変化した、と説明されている。
  • ストーリー後半に登場し、保安官達を街の中心部へ誘導するスティーヴンス大佐は、かつてロサンゼルスにおける大量虐殺事件(プレデター2)でマイク・ハリガン警部補、ピーター・キース捜査官(両者とも同作品の主要人物)と接触していたことがノヴェライズで明かされている。</br>なお、ハリガン警部補は一連の事件がプレデターの犯行であることを証言するが、ストレスによる錯乱と判断され、表向きには事件は迷宮入りとされてしまった。後に証拠物件とされていた1715年製のフリントロック式の拳銃(同作品のラストでハリガンの勇気を称えてプレデターが贈った米国開拓時代の戦利品)も返却され、ハリガンは警察勤務を続けているとのことである。
  • ラストシーンでは後にエイリアンの軍事利用をもくろむ企業「ウェイランド湯谷」の関係者と思われる「ユタニ」という女性が登場する。このシーンではプレデターの武器が回収された事が示されていて、続編への伏線となっている。
  • 本シリーズでは両作のお約束事を踏襲しているが、プレデターが人間と接触する機会が少ないためか、人間の言葉を真似して話す描写はない。

キャスト 編集

スタッフ 編集

メインスタッフ&キャストは上記のテンプレートを参照。

  • 美術 - アンドリュー・ネスコロムニー
  • 衣装 - アンガス・ストラティー
  • 特殊メイク - ドーン・ディニンガー
  • クリーチャー造形 - アマルガメイテッド・ダイナミクス・インク
  • 視覚効果監修 - コリン・ストラウス&グレッグ・ストラウス、他
  • 視覚効果 - Hydraulx

各国レイティング 編集

  • アメリカ:R(17+)(for violence, gore and language.)
  • 日本:PG-12
  • 台湾:R-18
  • 韓国:15
  • 香港:IIB(18歳未満保護者同伴推奨)
  • シンガポール:NC-16
  • フィリピン:R-13
  • マレーシア:18SG
  • イギリス:15
  • ドイツ:18
  • オーストラリア:MA(15禁)
  • フィンランド:K-18
  • アイルランド:16
  • ノルウェー:18
  • ポルトガル:M/16
  • アルゼンチン:16
  • スペイン:18

ギャラリー 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki